婦人服について知っておきたいこと

婦人服について知っておきたいこと

どんな婦人服が現代には必要か

現代の日本では、さまざまな種類の婦人服が出回っています。戦前の日本では女性は着物、洋装ではズボンはあまりなくスカートが主でしたが、現代では女性はスカートもズボンもありますし、ひとことでスカートといってもロングやミニや膝丈などがあり、ズボンもロングズボンやショートズボン、七分丈などさまざまなものがあります。さまざまなファッションが楽しめるようになったのはとてもいいことですが、これだけたくさんあるとどんな衣服を着たらいいか迷ってしまいます。また、現代の女性はこれだけたくさんの衣服のなかから、どのようなファッションを必要としているのでしょうか。

私は、衣服に一番必用なことは快適さだと思います。着ていて肌に不快感のない素材で衣服を作ってほしいです。ごわごわしたり、ちくちくするものはどんなに美しいデザインでも着られません。次に必要なのは、華やかさです。最近は黒やグレーなどの暗く落ち着いた色彩の衣服も多いですが、ピンクや赤などの明るく、見ていて元気のある婦人服ももっとたくさん女性に着てほしいのです。明るい衣服は、町並みも美しく、華やかなものにしますから。そして最後に、値段の安く、手の届きやすい値段であるということも大切です。最近は不景気で、衣服にそんなに大金が回せなくなっているからです。

関連リンク